住宅ローンを選ぶときに全期間固定金利にした理由

千葉に引越しした時に自分の家を買うことにしました。実は実家の住宅ローンも私名義になっていて、今回のは2件目です。

この家を買うときに住宅ローン、2件目も組める?審査基準は?といろいろ情報をあつめました。

夢のマイホームを購入しようと決めたときに、必ず住宅ローンをどこで借りるのかという話になると思います。
住宅ローンには変動金利と全期間固定金利と金利が2種類あり、今の景気によってその都度金利が変わる変動金利と借りたときの金利から支払いが終了するまで全体的に変わらない全期間固定金利があります。まずは自分たちにはそのどちらがいいのか選びます。
今現在は金利がかなり下がっていて低金利の時代ですので変動金利を選ぶ人が多いかもしれませんが、いつどのような状況で金利が高くなり上がってしまうかわからないリスクがあります。そんなリスクの心配が無いのが全期間固定金利です。
金利は変動金利よりもやや高めの設定ではありますが、借りたときの金利で最後まで変わらない分、世の中の金利が高くなったら代わりに全期間優遇し負担してくれるのでそういう場合があったときの為にやや高めになっています。
全期間固定金利住宅であれば毎月の支払いがわかり資金計画など、自分たちにあったライフプランが立てやすいのではないでしょうか。

住宅ローンの円定期預金と住宅の内訳推移、住宅の共有について

円定期預金とは、銀行とあらかじめ預入期間を約束し預金することで、普通預金よりも
高い金利を得ることができる金融商品の1つです。

住宅ローンに円定期預金を活用すると手数料が0円だからとてもお得です。

円定期預金を活用する際におススメの金融機関はじぶん銀行です。

じぶん銀行なら、プランに合わせて期間を選べるのでとても便利です。

また貸賃住宅住居者の世帯類型と延床面積内訳推移住宅は、世帯類型も居室面積も借家タイプ別も内訳推移を確かめてみるとすべて年々急増しています。

住宅は、下記の3つの要件を全部充足する場合に、敷地については下記の3つの要件を満たす場合、共有することができます。ただし、土地付き一戸建て住宅を購入した場合の敷地の共有については、下記の3点の要件をすべて充足する須要があります。

・共有者がお申し込みご本人の親、子、配偶者、配偶者の親などであること
・お申し込みご本人が共有持分を持つこと(共有持分の割合は問いません)
・共有する相手方の共有持分にも、住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定すること
※共有する人が外国人ならば、永住許可を受けている方または特別永住者の人であることが大事です。